Photo Gallery

ついこの間お正月を迎えたと思いましたが早いものでもう2月。

例年に比べて本当に暖かく過ごしやすい冬ですね。

個人的には肌がピリつくような冷たさが好きなので若干物足りなくも感じますが

この暖かさのおかげか風邪もひかずに過ごしております。


さて先日、当店で取り扱っておりますスイスの補聴器メーカー

PHONAK(フォナック)

東京本社へ研修とラボの見学に行ってまいりました。

IMG_7330.jpg





この工房では主に耳穴型補聴器の制作やその他補聴器の修理などを行っております。





IMG_7332.jpg


非常に清潔で整理整頓の行き届いた工房です。

補聴器は精密機械なので静電気などの対策も徹底されていました。

最先端の機械がずらりと並んでいます。

IMG_7334.jpg

これはお客様から採った耳型をレーザーで検知し3Dデータに変換する機械。

このデータを図面化し耳穴型補聴器の構成部品をパソコン画面上で

長年の経験で培われた確かな技術と知識で細かな調整をしつつ配置していきます。

この作業はまさに職人の仕事でした!!




そしてシェルを作る機械↓

IMG_7337.jpg


シェルがたくさんくっついていますね↓

IMG_7336.jpg


取り出したものがこちら↓

IMG_7338.jpg


上記の機械のように完全オートメーションで作業が進むものもありますが



それでも最後は人の目と耳と手による仕上げと確認が行われます。

IMG_7339.jpg



この工房見学で思ったのは最先端の工作技術がありながらも

それだけに頼り、任せっきりにするのではなく

やはり最終的に人間の経験と補聴器をお使いいただくお客様への想いと想像力が

より良い製品を生み出すのだと実感しました。



とにかく職員の方々の補聴器への情熱と、自分たちが作った補聴器が

少しでもお客様の期待に応えられるようにと日々研鑽されている事が

強く伝わりました。


そしてここへの受け口は私たち販売店です。

私たちもメーカーと協力しながら、お客様の聴こえの手助けが今まで以上にできるよう日々研鑽してまいります。

これからも補聴器専門館を何卒宜しくお願い致します。




スポンサーサイト

WHAT'S NEW?